冬と言えば〇〇!!

皆さんこんにちは。リハビリテーション部、外来リハビリ所属の理学療法士小林です。
「今年の夏は記録的な猛暑。」や「今年は初雪が遅い。」などのニュースを耳にしますがもう気温が低くなって暖房をつけているご家庭が多いのではないでしょうか。初雪の知らせもちはほら聞こえ始めて北海道の冬はもう少しですね。

 そこで、皆さんには「冬と言えば〇〇!!」といったことはありますか?こたつの中でアイスクリームを食べたり美味しい鍋を食べたり…。寒さやツルツル路面といったネガティブな事もありますが冬には沢山の楽しみがありそうですね!!

 私は、「冬と言えば!」な事が2つあります。
 まず1つ目は、スキーをする事です。趣味程度ではありますが道内各地の山へ車で行ってスキーをする事が大好きです!写真は以前、父とニセコに行った際の写真です。スキー板をリュックに固定してリフト降り場から20分程度歩くとニセコアンヌプリの山頂に着きます。そこから見る羊蹄山は絶景です。今年の冬も今週末からスキー場がオープンするため、色々な山に行くのが楽しみです!!

そして2つ目は、美味しいみかんを食べる事です。暖かい部屋で爪を黄色にしながらみかんを頬張る事がとても大好きです。
 下の写真は、先日当院近隣の青果店で購入したみかんです。私は一人暮らしをしていますが、この量のみかんを独り占めできるのでとても幸せです。これからの季節は様々な種類のみかんが出てくるので青果店やスーパーでは果物コーナーをうろうろしています。笑
 1月頃には私が大好きな高知県土佐市で収穫される文旦も売られ始めるのでこれも楽しみの1つです!

皆さんも冬ならではの楽しみを見つけて寒い冬を乗り越えましょう!!
外来リハビリ室でお待ちしています!