【特定医療費(指定難病)受給者証の更新は年内に・・・】

こんにちは、医事課矢野です。

11月に入ってからはグッと気温が下がり、3ヵ月前には30℃まで気温があったとは思えない毎日です。今年は灯油も高騰しているので、暖房を入れつつも着るものでカバーして設定温度をコントロールしております。紅葉もあっという間に見納めとなり、陽も短くなって、帰る頃にはすっかり真っ暗です(苦笑)

さて・・・みなさん、特定医療費(指定難病)受給者証の更新はお済みでしょうか?
前回はコロナの影響で自動更新でしたが、今年度はお住まいの保健センターで更新手続きが必要となっています。(夏~秋にかけて保健センターより更新のお知らせが発送されています)
今回の更新手続き受付期間は年末までとなっていますので、忘れずに更新手続きをしましょう。また、更新の際には『臨床調査個人票』という、主治医の先生が作成した診断書も必要になります。まだ『臨床調査個人票』作成依頼していないという方がいらっしゃいましたら、すぐにお申し込み下さい!(病院窓口もしくはお電話でのお申し込みも可能です)

更新手続きを済ませた方で、まだ新しい受給者証が届かないなぁ?と心配になっている方もいらっしゃると思いますが、新しい受給者証発行までには最低でも1ヵ月はかかります。更新手続きが混み合っている期間については2ヵ月かかることもありますので、今しばらくお待ち下さい。

みなさん、新しい受給者証が交付されましたら、受付窓口に提出していただきますようお願いいたします。(自己負担上限額が変わっていることがあります!)

ご不明な点などございましたら、いつでも事務スタッフに聞いて下さいね♪