「栄養課だより No.52」

皆さんこんにちは、栄養課工藤です。

近年の北海道の夏は湿気も加わって蒸し暑いですが、皆さん体調は崩されてないでしょうか?

暑くなると食欲が出なかったりして十分なエネルギー量が摂れず体重減少を心配される患者様もいらっしゃるのではと思います。

そこで今回は、食べ物の量を増やさないでカロリーアップをする方法のひとつとして、MCTオイルを使う方法をご紹介します。

MCTオイルは通常の植物油に比べ、吸収が速く素早くエネルギーとして使われるので、身体につきにくいといった特徴があります。
CMでは「身体につきにくい」点を強調していたので痩せる油と思っている方も多いようですが、油であることには変わりないので1g食べると9kcal摂ることになるのは同じです。
3大栄養素の他の糖質やたんぱく質は1gで4kcalしか摂れないので、脂質は効率の良いエネルギー源になるんです。

使い方の例としては
 ●炊いたご飯に混ぜる(酢飯を作る要領で混ぜてみましょう) お粥でもOKです。
 ●納豆に混ぜる、ポテトサラダに和える、冷や奴やサラダにかける
 ●マヨネーズ・ケチャップ・ドレッシング等の調味料に混ぜる(その際少量ずつ加えていくとうまく混ざります)
 ●麺類や味噌汁・スープに加える(器によそってから)
 ●ヨーグルトやトマトジュースに入れる
などです。

注意点としては
 ●お腹がゆるくなることがあるので、少量(小さじ1杯程度)から使って徐々に増やしていきましょう
 ●加熱調理には使えません(調理し終えて出来上がったものにかけたり混ぜましょう)
 ●カップラーメン等の容器は変質してお湯等がこぼれる可能性があります(陶器等の器に移した料理に加えるのはOK)

透明で無味無臭なので量をたくさん食べられない方は是非お試しください(^^)