電気圧力鍋

こんにちは、検査課 日向寺です。今年もよろしくお願いします。
年末年始のお休み中に口内炎が何個も出来ました。不摂生&寝不足のせいでしょうか、仕事をしている方が規則正しい生活を送れるんだなと思った今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 さて、今回のお話は働く主婦の家事事情についてです。仕事をしながら家事や育児をするのは結構大変なんです。完璧にやろうとすればするほど出来ない自分を責めてしまいもがき苦しんだ時期もありました。私は特に料理を作るのが苦痛でした。仕事から帰ってきて料理を作る、子供もお腹を空かせているので長くても1時間くらいで3,4品作らなくてはいけない。手の込んだ料理も作りたいけど時間がない。煮込み料理なんてここ数年作っておらず、諦めていました。

そんな私が2カ月前にテレビで見かけた電気圧力鍋の特集に心を奪われました。
すぐさま家電量販店に行き購入しました。衝動買いレベルの買い物を決断させた理由は電気圧力鍋が火の見張り番がいらない、タイマーで料理が出来る、食材を入れたらほったらかしの夢のような家電だったからです。朝、食材をいれてタイマーをかけると仕事から帰宅すると1品出来ている。諦めていた煮込み料理もほったらかしで出来ている。家事のストレスが一つ減りました。高額な電気圧力鍋ですが、昨年で一番いい買い物が出来ました。

「家事は適度に適当に」が大切です。家族が元気で健康であればそれでいい。このお鍋が作ってくれるおかげで子供と一緒に遊ぶ時間が増えました。時代の進化とともに「ほったらかし家電」がますます増えるでしょう。そしてその力を借りてこれからも両立していきます。

年末にはスペアリブや豚の角煮を作り家族に大好評でした。私って料理上手になったなぁとウキウキしていたら、娘が「鍋が作ったんでしょ。」と言われ何も言い返せなかった。辛辣な娘に育っております(笑)