『温泉』

こんにちは、外来の柏田です。
平成30年になって、早いもので1ヶ月が経ちます。冬なのに雨がふったり、それが凍結して道路状況が悪く歩くのが大変といっていたのが、今度は吹雪で悪天等が続いています。日々天候が変化する中、車を運転する方も緊張の連続かと思います。
気の滅入るこの頃ですが、そんな時のストレス解消法は温泉です。露天風呂にゆっくり浸かり、湯上がりのビールは・・・たまりません。先日、定山渓温泉に行ってきました。定山渓温泉街を流れる豊平川がライトアップされ、とても綺麗でした。
定山渓で温泉を発見したのは「北海道」と名付けた松浦武四郎といわれていますが、慶応2年、修験僧の美泉定山(みいずみじょうざん)が「鹿の傷を癒す秘湯があるらしい」との噂を聞きアイヌの案内で源泉を見つけたそうです。幾多の困難を乗り越え、温泉を作り、湯守として人力を尽くし、その功績から「定山渓」と命名されたそうです。その後、定山渓鉄道が開通し行楽地として賑わいました。
現在では湯に浸かっていても、違う国の言葉が賑わっていました。

  




情報共有媒体

検査課 日向寺です。いつも世間話をしているので、たまにはお仕事の話を。
私の職業は放射線技師です。医師が的確な画像診断を行えるように、日々様々な写真撮影機器で検査をしています。

 ここではレントゲン写真、CT、MRIといった検査に携わっています。十数年前まで画像検査はフィルムというアナログ写真が用いられていました。CTやMRIの1回の検査には平均して4,5枚、多い時には10枚以上のフィルムを使用していました。検査が多いとその分フィルムも多くなる。保管する場所も必要になる。以前私が勤めていた施設はフィルムの保管場所に困り、屋上にコンテナを3棟設置して保管するほどでした。

最近はデジタル化も進み、撮影した写真をデータ化しCDやDVDに保存できるようになりました。他院で撮影した写真を大きな袋に入れて患者様が持参する姿も今はめっきり見かけません。小さなCD1枚で情報が共有できる素晴らしい時代になりました。当院では患者様が持参したCDの大半は検査課で保管しています。

しかし、CDとて塵も積もれば山となります。そこで先日山となっていたCDを整理してみました。

     

うん、スッキリした。ただCDケースに入っていたものをCD収納ケースに移動させただけですが、見栄えがいいと気持ちがいい。
もう少し時代が進むとCD以外の情報共有媒体ができるのかもしれません。技術の進歩って素晴らしい。アナログ時代から働いている私には驚かされる日々です。




『BGM』

みなさん、こんにちは。検査課の白濱です。

只今、冬眠中です。
体重を気にせずに、食べたいものを制限しないで食べて過ごしています。
特に昼の職員食では、栄養課そしてホクユウの方々には大変お世話になっております。
ちなみに、現時点で、夏に比べて5~6kgほど増量中ですが、問題ありません。
また、夏には痩せますから。

さて、現在、冬眠中の私ですが、目標が「リアル キン肉マン」「和製 シルヴェスター・スタローン」なので、筋トレは継続中です。

トレーニングは音楽を聴きながらしていますが、もはや、それは欠かせないものとなっています。

筋肉をつけるには、自分が持ち上げられる限界の負荷との勝負になるので、つらいものがあります。そんな時は、スタローン主演映画「ロッキー」のBGMを聴き、心の中で「火事場のクソ力」と叫ぶことで、力がみなぎり、昨日上げられなかった物が、今日上げることができることがあります。仮に上げられなくても、限界までやったことに意味があります。
その繰り返しで、筋肉は太くなります。

ただ、痩せるには、走るなど有酸素運動が必要です。
これはこれで、単調動作を繰り返さなければならず苦痛ですが、これを和らげるためのBGMをご紹介いたします。

SUPER BELL”Z(スーパー ベルズ)という音楽ユニットが出している、「MOTER MAN 秋田新幹線」です。ご存知の方 少ないでしょう。
他にも、東北新幹線(終点が八戸の時代です)や札幌市営地下鉄東西線などがあります。

もはや、何のことか分からないと思いますが、「百聞は一見にしかず」一度、インターネットなどでお探しになり、お聞きいただけると幸いです。
これを聞いたら、ランニングマシーンの速度が上がること間違いなしです。




出身地の話

んにちは、理学療法士 高藤です。

よく患者様と出身地がどこかという話になります。
私は、道東にある 中標津町出身です。
人よりも牛の数が多く、自然の多い とても良い町です(*^o^*)

実は 私の実家も 酪農を営んでいるため、
そこらへんの畑に 天然記念物の丹頂鶴が歩いているくらい 大自然の中で 私は育てられました。

小さい頃は、虫取り、魚釣り、お花詰み、氷柱集め、意味もなく 同じ場所をひたすら永遠にグルグルと自転車を漕ぎ続けたりなどをして遊んでいました。
そして、 草笛吹かせたら 私の右に出るものはいないと思います。そのくらい 自然と お友達です。

何もない田舎ですが、どんなところよりも
地元が 一番の パワースポットであり、元気の源です。
写真は 私の実家周りの風景です!!

 

 

 

ぜひ、みなさんの出身地のお話も聞かせてくださいね!!!!




『約7年ぶり!?』

こんにちは.リハビリテーション部の角(かど)です.今回4回目の出場です.
先週,職場の先輩とフットサル(体育館で行う5人制のサッカーの事です)をしてきました.
実際にコートでボールを蹴ったりするのは約7年ぶりでした.
高校まで10年間サッカーをしていた自信と,上手くボールを蹴れるのだろうかという不安がありました.
ボールタッチはそこまで落ちていなかったのですが,久し振りに走ってボールを蹴っての繰り返しは身体が悲鳴をあげていました.体力と筋力の低下が著明でした(笑)
久し振りにシャワーを浴びたような汗をかいて,楽しかったです!(^^)

 




『カレー部』

こんにちは。
私は頑張ってお弁当をつくってきていますが、サボることも多いです。
そんな時に食べたいNo. 1は日清のチーズカレーです。
これはカップラーメンの中で1番美味しいと思います‼︎
うちのリハビリテーション部にも、これを大好きな人が2人います。

私が食べているとなぜか尾野さんが隣にいます笑
「今日これにしたよ」と報告すると那須さんはいつも笑ってくれます☺︎
仲間たちとの交流がお昼の密かな楽しみです!

リハビリテーション部 作業療法士 小室祐子CS




『節分』

こんにちは。医事課の柳原です。
つい先日、年が明けたと思いきや気づけばもう1月の末。。。
1年は本当に早いものだとつくづく感じる今日この頃です。。。

さて、少し気が早いですがもうすぐ節分ですね!!
節分といえば豆まきですね。みなさんは豆まきしますか??
昨年は、まだ1歳に満たない息子に鬼の仮面を被って近寄っていくと
物凄い勢いで泣かれたことを鮮明に覚えています。。。(笑)
話は変わって、みなさんは恵方巻を節分に食べますか?
私は今年も食べる予定です!!(笑)
ここで恵方巻について少し調べてみたのですが、恵方巻を食べる風習が
広まったのは2000年以降になってからだそうで、大阪の商人達が
「商売繁盛」「厄払い」の意味合いで太巻きを食べていたことが起源とも言われているそうです。

 現在では、太巻きを恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじりし、言葉を発せず最後まで食べきると願いがかなうとも言われております。しかしながら、中細巻や手巻き寿司を食べる家庭もあり、季節のイベントのように楽しんでいる方も多いようです。太巻きの具材もエビフライや、お肉を巻いているものもあり、種類も多様化されています。
みなさんも節分に恵方巻を食べてみてはいかがでしょうか。

ちなみに…今年の恵方は『南南東』です!!




アクアビーズ

みなさんこんにちは。最近髪の毛を短くした1階事務の者です。
アクアビーズって知っていますか?
アクアビーズとは、イラストの書いてあるシートの上に専用のトレイを置きイラスト通りにビーズを並べて、水をかけるとビーズ同士がくっつき乾くと固まるおもちゃです。
うちの子がクリスマスにサンタさんからもらったおもちゃですが、ぼくもそれまで全然知りませんでした。
ビーズがすぐ無くなるんじゃないかという勢いで色々な作品を作っています。

集中力アップと指先の訓練にもなるそうです。

                            医事課 森




君の名は・・・JPN TAXI

私はタクシーをよく利用します。時間がもったいないというか、膝がしんどいというか、へへへ。

が、この前のこと。びっくりしました。

琴似のある場所からタクシーに乗ろうとしたところ、n?、ミニバン?
普通はセダンタイプが多いのにと訝しがっていると、するーとドアが開く・・・。
スライドドアじゃないですか!

し、しかも、フロア高が低い!
「お年寄りの方がね、乗りやすいって仰ってくださるんですよ。」
確かに! とても楽チンです!

前後席の間が広くフラットシートになっていて、横に移動しやすいし天井も高い。
うわー、ひ・ろ・い!

「これ、車椅子もそのまま乗れるんですよ。」
えっ、そうなん!?(いつの間にか大阪弁)
「助手席をたたんで、横からそのまま乗れるんです。」
ほぇー!
「しかも、お値段そのまま。」
うわっ、それサイコ−じゃないですか!

「ト○タのジャパンタクシーっていうんです。」
「カローラとかと同じ。ジャパンタクシーっていうの。」
名前はいまひとつですね(笑)
「全くです。」

「うちの会社だけでなく、ほかのところも何台か導入していますよ。」

タクシー全てがジャパンタクシーになればいいのに、と感心しきりの出来事でありました。
また、乗ってみたい!

じゃ、また!
                                     S.H.

 




『栄養課だより No.14』

皆さんこんにちは、栄養課の石井です。
今年もよろしくお願いいたします。

看護部のブログにもありましたが
先週1月11日には職員に「お汁粉」がふるまわれました。
小豆を煮た甘い汁がお餅にかかっているアレです。
粒が少々残っているタイプのものです。

ところであれは「ぜんざい」なのでは?
そういえば「お汁粉」と「ぜんざい」の違いってなあに・・・
などと考えていたところ、こんな表をみつけました。

なるほど、関東と関西でちがうんだ・・・
では北海道では・・というと、う~ん、なんともいえないですね。
私自身は関西風に粒のありなしで分けていたのですが、
その分け方でいくと、病院でだしたものは関西の「ぜんざい」に当たります。
関東でいうところの「田舎汁粉」でしょうか。
でも甘味やさんのメニューをみると、必ずしもそうとはいえないし・・

まあ、北海道はもともと全国からの寄り合い所帯的なところがありますからね。
そんな北海道も「開道150年」、いろいろなイベントがありそうです。
今年はそちらも楽しみたいですね。