つんでれ

 犬派か猫派か?と問われると私は生粋の犬派だ。
しかしそんな私が4日間友人がユニバへ行く為、猫を預かることになった。
もうすぐ1歳になるというオスのアメショで、私は彼が手のひらサイズの時に会っている、本当に可愛かった。しかし8ヶ月ぶりに会った彼は漬物石サイズに成長していた、、、。
我が家に置いて行かれた彼はテーブルの下からじっと様子を伺い大人しくしていた。
あまり構わない方がいいと思い知らんぷりをしていたらそっと私の手に頭を擦り付けてくるではないか、可愛いやつめ、、、と頭を撫でたその時ガブリと屈んでいた私の膝と手を噛み何事もなかったように隣の部屋に行って丸くなった。
初日から既に険悪である。

 その後も洗濯機に飛び乗ったタイミングでスイッチを押し夜中の2時に洗濯機を回したり、ことごとく棚の上にあるものを落としたりテーブルに飛び乗りコップを的確にひっくり返したりと色々な悪戯をしてくれた。飼い主に告げ口すると、そこのお宅ではテーブルに乗ったら猫に霧吹きをかけて辞めさせていると聞いた。が、霧吹きが無く我が家にあるのはファブリーズ位なものだ、試しに至近距離だと と可哀想なので少し離れたところからアベンヌウォーターをかけてみたがフワッとミストの温泉水のおかげで毛が艶々になっただけだった。

 そんな彼が唯一お利口になる時、それはチュール!!チュールは凄い。
あんなワルネコちゃんをもお利口にさせてしまうのだ!そんなこんなで4日が経ち飼い主がお迎えに来た。さぞや感動のご対面!と思いきや、彼は飼い主の顔を一瞥したのち、くるりと踵を返して「にゃあ(よく来たな、まぁ座れよ)」とばかりにソファの上に優雅に座ったのだった。
              

3階看護部