9月15日は何の日?

こんにちは。
看護部の佐藤です。
今日は何の日か覚えていますか。この頃は、祝日でお休みの時に、何の祝日なのか気にすることが少なくなっている私ですがブログを書くのに調べると、元々は「敬老の日」でした。祝日の改正法により現在は9月の第3週月曜日になり、今年は来週の月曜日の9月20日になっております。そして、旧敬老の日の9月15日は「老人の日」として記念日が制定されているそうです。
そんなことを思いめぐらしていると、今日は両親に電話でもしようかしらと思いました。

               

ちなみに、老人の日と敬老の日の違いは、
敬老の日がお祝いであるのに対して、老人の日は「老人福祉への理解や関心を高める事」「社会を生きる人々が協力して助け合い、老人が自ら生活の向上を務めること」を目的とされているそうです。
そして、老人とか高齢者って何歳からなのでしょう。
一般的には65歳からになるようです。
自分が少しずつ65歳に近づいてきて老人とか高齢者という言葉に良いイメージがないのですが、私の周りでは、年に関係なく、バリバリ第一線で働いている方々がおられます。
よ~し。今日もできるだけ(・・・・)、エレベーターを使わず、階段で院内を移動します。(^_^)/

前の記事

末っ子の快挙

次の記事

我が家にやってきた