末っ子の快挙

こんにちは、検査課 日向寺です。ブログを書いている日に緊急事態宣言が延長決定してまだまだコロナと共に生活しなければならない日々が続きそうですね。

先月、緊急事態宣言が発令される前に子供達の空手の大会がありました。
年中の末息子、空手を始めたころからコロナが流行りだしてしまって姉や兄のように練習が出来ずに放置していたら、“話は聞かない、練習を真面目にやらない、怒ってもへこたれない”の問題児に成長していました。これではいけないと父親がマンツーマンで鬼指導。
指導の甲斐あって見事3位入賞(^^)/
「見て、ドン(銅)メダルもらったよ」と嬉しそうに銅メダルを見せてくれました。

規模は小さいながらも感染対策を万全にして大会を開催してくれるのはすごく感謝します。
練習の成果を発揮できる場所があるということはやっている本人たちの励みにもなります。
今年はオリンピック開催されました。賛否両論はあると思いますが、私は観戦して感動をもらいました。
コロナ禍でのオリンピック、パラリンピック。アスリートたちの開催の対する感謝の言葉に胸打たれました。
こんな時だからこそスポーツの良さを再確認できました。

緊急事態宣言が延長して大会がすべて中止になったけど、また頑張ろうね。