かき氷

我が家の食物アレルギーのある子ども、特に乳製品が全くのNGです。冷蔵庫から真っ先に無くなったのがバターやチーズです。牛乳は元々家族の中に飲む人がいないので、以前からないのですが、お菓子を作ったりするときにやはり乳製品はかかせません。夏に向けておいしいアイスクリームや、ソフトクリームがお店に並び始める時期ですが、市販されているものはほぼ食べられません。家族みんなが同じものを食べることを、なんとなくのルールとしているので豆乳等で代用してお菓子やパンを手作りしていました。手作りだと安心なのですが、ものすごーくコスパが悪いので困っていました。

そこで数年前に我が家では、このかき氷マシーンを購入しました。夏のみならず、年中我が家では大活躍です。特にこれからの時期は毎晩のように稼働している音が響き渡ります。自分が子どもの頃は手動で削り、粗目のかき氷だったように記憶しておりますが、最近は電動で、さらに削り具合を調整しサラサラ~ふわふわ~にできるのですね。

機械が苦手な私はどうもこの手の物も、よく壊すことがありあまり触らないようにしています。なので、夫が可愛いわが子たちのために、すこーし氷を削ってはシロップをたっぷり入れて、さらにその上から山もり氷を削ります。仕上げに、ジュース作るんですか?というくらいの大量のシロップをかけて作っています。それを横でみて「サービスしすぎじゃない?」「すぐシロップ無くなる!」と感じていますが、結局はアレルギーでデザートにあまり選択肢の無いわが子のため、食べられるものは、好きなだけあげてしまうのでした。山盛りのかき氷を必死に小さな手でスプーンを持って食べる子供の姿はとても愛くるしいのですが、テーブルはベタベタに・・・・これからの暑くなる時期には、庭で食べて楽しみたいです。

 

地域医療支援部 K

前の記事

神経難病看護

次の記事

ジャカランダ