顔だけ取り柄

こんにちは。薬剤課の小西です。
5月の連休も終わり、我が家の子供たちも新しい環境に馴染んできているようです。
私はといえば、毎日のお弁当作りから1日が始まる代わり映えのしない毎日です。そんな毎日の中でここ最近、頭を悩ませていたことが末娘の猫様です。メイクーンの血が入っており体が大きいためなのか、突然トイレを狭いと思ったようで、トイレの前で大きいブツを出すようになってしまいました。それだけでは飽き足らず、排尿すらも、お風呂場、玄関、キッチンマット等気の向くまましてしまうように…

猫を飼っている方はご存じでしょうが、猫の排泄物の臭いこと!離れた場所のどこかにしても部屋中に匂いが充満するのです。 その場所を探し出し、何度も拭き洗濯をする、を繰り返す日々。 もう我慢の限界とトイレを買いなおすものの、高さのあるタイプはお気に召さず拒否。ようやく、高さがなくただドデカイ(本当に邪魔)トイレで納得し用を足してくれるようになりました。

片づけているときは本当に腹が立つのですが、なにせ顔がいいのであります。猫らしからぬ運動神経の悪さ、加えて抱っこすれば怒り、触られるのも気に入らずというペットとしては致命的な性格。ですが、顔がよい。そんな訳で顔をみると、ついつい腹が立っていたことも忘れてしまいます。

もしかすると、顔だけが取り柄なことはペットとして最高の才能なのかもしれません。

前の記事

今楽しめること

次の記事

栄養豊富な甘酒