『栄養課だより No.60』

皆さんこんにちは、栄養課工藤です。

突然ですが、皆さんの地元のご当地グルメは何ですか?
私の地元では、いつの間にかあんかけ焼きそばがご当地グルメになっていました。
あんかけ焼きそばは比較的給食として提供しやすい献立だと思います。
当院でもお出ししてますし、前の職場でも献立に入れていました。

中華麺は麺の中では食べにくかったり消化もあまり良くないですが、あんがかかることで麺がバラバラになりにくく、例え麺を刻んだとしてもあんによってまとまりが出るので手が不自由な方や麺がすすれないという方でもご自身で食べやすいんです。
また、つゆでむせやすい方でも、元々あんかけのメニューなので皆と同じメニューでおいしく頂けます。
あとは、栄養バランス的にも麺類の中では野菜が多かったり肉や魚貝類が入っていたりと優れているほうだと思います。

給食で出していた時の私のこだわりは、「麺に焦げ目をつけること」
やりすぎると歯が弱い方だとダメージが起きる場合があるのでその辺は気を付けて作ってもらっていましたが、このひと手間によって香ばしさが増しておいしくなるんですよね。

写真は私の行きつけのお店のあんかけ焼きそばです。
どこのお店かわかりますか~?
わかった方は私と答え合わせしましょう!

次の記事

高級食パン