当院での感染症対策

こんにちは、医事課矢野です。

コロナと戦い続けてもう1年です・・・世界ではワクチンの開発を始め、様々な対策をしていますね。日本でもワクチンが承認され、接種が始まっています。(医療従事者、ご高齢の方が優先となっております)早く一般の方も接種できる体制が整って欲しいと思っていますが、はっきりと日程が決まるまでは時間がかかりそうですね・・・。

感染防止として、基本はやはり『手指消毒』です。手は色々なところを触りますので、すぐに手洗いできない時は携帯用の手指消毒液を使いましょう!消毒液はスプレータイプやジェルタイプ、シートタイプなど様々ですが、当院は職員1人1人にスプレータイプの消毒液が支給され、頻繁に手指消毒をしています。

マスクについては、当院は院内では不織布マスク着用をすすめておりますが、外を歩いている時や自宅にいる時などマスクを着用する場所によって、布マスクやウレタンマスクを使い分けてみるのもいいと思います。実際、私は自宅にいる際は布マスクで過ごしています。外出時は外出先によって不織布マスクを着用するなど様々です。

最後に換気です・・・当院では、1時間ごとに待合室の換気をさせていただいております。まだまだ寒い日が続きますが、換気をすることも感染対策には必要です。数分の換気ですが、待合室が寒く感じた際にはスタッフにお声かけいただきますようお願いいたします。

毎年冬になると流行するインフルエンザも感染対策(手指消毒、手洗い、マスク着用、換気)の効果もあり、全く感染者が出ていませんよね?コロナが終息しても、日々感染対策することがとても大切だと実感します。

先日、甥と姪が祖父の誕生会を企画してくれましたが、しっかり手指消毒をし、祖父が来るまでは部屋を換気・・・密にならないように、座る席が決められていました。また、誕生日ケーキのろうそく消しは禁止で、甥がうちわで消していました!ある意味、特別な誕生会になったのではないかなぁ?と思います(^-^;)

前の記事

『栄養課だより No.58』