サラリーマン川柳

看護部の佐藤です。
先日、「どさんこ北海道自慢サラ川」の募集が始まり、テレビの記者会見で北海道の鈴木知事も自ら一句詠みました。
『みつけよう、どうみん割で、宝物』
「新型コロナ感染症で広く移動ができないが、どうみん割などを利用して宝物をみつけてほしい」とお話をされていました。
それではと、そこにいる記者さんも「返句をさせて頂きます」と話され、
『コロナ禍も、クラークならず、夢抱け』  とセンスのある句を披露していました。
今年は、コロナの話題の句が多くなりそうです。

気分転換に、毎年行われている第一生命のサラニーマン川柳 歴代一位の作品をご紹介
第33回  『我が家では 最強スクラム 妻・娘』
第32回  『五時過ぎた カモンベイビー USA(うさ)ばらし』
第31回  『スポーツジム 車で行って チャリをこぐ』
第30回  『ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?』
第29回  『退職金 もらった瞬間 妻ドローン』

時代を反映していて面白いです。