その地を知る

皆さん,こんにちは.リハビリテーション部の保坂です.

先日,とある研修会がありまして徳島に行ってまいりました.
初めての四国上陸でした.

研修会の内容もよかったのですが,その土地に自ら足を運び,その土地の生活に触れる.
たまにはいいものです.

徳島市を中心に行動していたのですが,街並みは城下町らしく中洲に作り上げられた徳島城を中心に発展.街の中を幾本もの河が流れ,その河に沿って町並みが作り上げられているといった感じです.

 

何軒かの飲食店に入り,土産屋の店員と会話を交わす.関西の言語に南国のような若干の陽気さが混ざり,こちらでは味わえないような間合いがありますね.

自分は臨床の場で患者様とよく会話をするのですが,必ずする会話は「どこでお生まれ」になり「どこで育たれ」,今「その方のお住まい」はどちらでどう過ごされているのか.それを聞きその方の生活イメージを想像することを大事にしております.

もちろん知らない遠くの土地も出てきますが,イメージできないときは許可をとって,某サイトの某ストリートビューなんかでイメージを膨らませたり(笑)

なので「足を運ぶ」ことも楽しみながら,仕事に役立っております.
「想像して創造する」とはこういうことにも言えるのかもしれませんね!


一軒の徳島ラーメン屋に入ってみました.味噌です.
味は「甘い!」札幌の味噌がすごく塩っ辛く感じます.

今回はこの辺で.最後までお読みいただきありがとうございました!