「ひな祭り決戦」

男兄弟の中で育った私には、特にひな祭りに関する特別なイベントの思い出はありませんが、いつも思い出すことがあります。

私が、某東京の理系私立大学(留年する学生が多いことで有名)の学生だった時です。
後期の試験を終えた段階で、成績が芳しくなく、進級に必要な単位が足りない状況となりました。そこで、救済措置として再試験をすることになり、その日が、「3月3日」でした。あまりにも内容が難しく、意味不明な文字数字の羅列とも思える問題に対する答えをひたすら覚えて、アウトプットする作業なので、大変苦労しました。試験を受ける仲間たちと、頭の良い友達と一丸となって戦ったので、再試のことを誰が名付けたのか「ひな祭り決戦」と呼ぶようになりました。

あれから20年経ち、社会に出て仕事をするようになりましたが、文献読んだり、学会に参加したりと勉強のスタイルは違いますが、自ら進んでするようになったのは、学生時代よりは少し成長したのかなと思います。

画像は、わが母校と、それに関連するものです。