HAL®腰タイプ自立支援用を3/7導入予定(道内初)

HAL®︎腰タイプ自立支援用とは

 HAL®腰タイプ自立支援用は、足腰の弱った方などが装着して体幹動作・立ち座り動作を繰り返す事で、身体機能の向上を促す装着型の治療ロボットです。

筋肉を動かそうとするときに生じる電気信号をセンサーで読み取り、内蔵コンピュータでモーターを動かし、患者さんの動作をアシストします。動作を繰り返すことで脳・神経系への運動学習を促す効果が期待できます。また、身体機能向上によりHALを外した状態であっても、日常生活の自立度を高めることも期待されております。

 

[外部サイト] 開発元:CYBERDYNE(サイバーダイン)株式会社

HAL®︎腰タイプ自立支援用の治療について

HAL®腰タイプ自立支援用の治療は、通院患者さん・入院患者さん共に受ける事が可能となっております。 治療をご希望の方は、担当医師または担当のリハビリスタッフまでお声かけをお願い致します。

また担当者からも、患者さんの症状や状態に合わせて治療をご提案させていただく場合もございます。その際にはしっかりとしたご説明をした上でご相談させて頂きますのでご安心ください。

 

image_printこのページを印刷する