当院の新型コロナウイルス感染対策

当院では新型コロナウイルス感染対策として、感染委員会でガイドラインを定め、院内感染が発生しないように取り組んでおります。患者さん・ご家族様に安心して来院して頂けるよう職員一同、感染対策を徹底していきます。

主な予防策

・手指のアルコール消毒(非接触型) ※写真1
・マスクの着用
・院内ポスターの掲示など
・市民向け【新型コロナウイルス感染症対策ガイドブック】の設置
・感染対策の院内放送
・入院患者さんの外出制限など(状況に応じて)
・お見舞いの全面禁止
・外来患者さんの病棟への出入りの禁止
・外部業者の来院時検温・制限(状況に応じて)

【写真1】

職員⇔患者さん

・外来受付に飛沫感染防止ビニールカーテンの設置  ※写真2
・高頻度接触部位(ドアノブ、手すり等)の定期的アルコール消毒
・状況に応じてのフェイスシールド・ガウン・プラスチックグローブ等の個人防具を着用 ※写真3
・受診時の体調チェック&検温
・待合室・診察室・病棟・リハビリ室等の定期的換気  
・電話診察の対応

【写真2】                  【写真3】

 

患者さん⇔患者さん

・待合室の椅子・リハビリ機器間のソーシャルディスタンスの確保等 ※写真4
・外来リハビリと入院リハビリの区分け(時間変更) ※写真5

【写真4】                 【写真5】

 

職員⇔職員

・出勤前の自宅検温
・時差出勤等の実施
・会議室を休憩室として使用(休憩スペース拡大によりソーシャルディスタンスの確保)
・会議等の自粛(メール対応等)

image_printこのページを印刷する