いろんなものにふれること

皆さんこんにちは。
前回、キャンプ(自然)大好きアピールをした理学療法士の吉岡史織奈(よしおかしおな)です。
『自然にふれる』ことは私の生きがいのひとつ。キャンプ道具を少しずつ新調していて、今年も楽しむぞという気持ちです(ワクワク)!
冬はキャンプ代わりにスノーボードをしますが、それについてはまたの機会に。

今回は『美術・音楽にふれる』機会があったのでお話していきたいと思います!

こちらは、昨年12月に西洋美術館に行ったもので、画家クロード・モネという方の作品「睡蓮」の写真です。ご存じの方もいるかもしれません。
以前から知っていた作品のため、生で見ることができ興奮しました。幼少期に母や祖母と美術館に行く機会はありましたが、この年になってやっと美術鑑賞が面白い、楽しいという感覚が分かるようになったかもしれません。

こちらは、ニューイヤーコンサートでKitaraに行った際の写真です。
札幌交響楽団のクラシック演奏を聴きました。様々な楽器、パートがあるようでしたが、一つでも欠けると良い音楽は生まれないのだなと思いながら、ホールに響く音色が美しく贅沢な気分になりました。

こんな感じで美術・音楽を楽しんでみました。
今までの自分になかった新しい感覚に気づくきっかけになり、たまにはいいかもと思いました。
『いろんなものにふれること』で心が、日常が彩られていく気がします。