ダイエット

皆さん、こんにちは。先日、職員検診で引っかかり、大腸カメラの検査をし、その時に切除不可能な大きさのポリープが見つかった検査課の白濱です。

今回は血液検査の結果が思わしくなく、大腸カメラの検査をしましたが、毎回、職員検診では「過体重」の烙印を押されます。
先生、私、体脂肪率12%ですよ!もはや、削れるところありません。
と言うことで、今回のブログでは、絶対痩せられる方法をご紹介いたします。

ちなみに、私が紹介する方法は、これを「飲んだだけで痩せられる」とか「運動しないで痩せられる」なんて楽な方法ではありません。「運動」と「食事制限」です。が、間違いなく、痩せられます。

今回は「運動」の面についてのお話です。
また、「凄まじい勢いで筋トレすれ!」と言うのかと思われますが、5分で終わる運動です。
その名も

「hiit」 「ヒート」

高強度インターバルトレーニングのことで、私が実践しているのが「20秒全力で運動、20秒休憩を8回繰り返す」です。
運動例は
(1) 20秒全力ダッシュ、20秒休み を8回繰り返す。
(2) 20秒全力でエアロバイクをこぐ、20秒休みを8回繰り返す。
(3) 20秒ジャンプスクワット20秒休み、20秒サイドランジ20秒休み、20秒ジャンプランジ、20秒休み、20秒バーピージャンプ20秒休みを2セット

なんてところでしょうか?
  

トータル5分で終了しますが、はっきり言って私が思うに、誰がやっても「世界一辛いトレーニング」です。
私でさえ、やるのに覚悟が必要で、二の足を踏むトレーニングです。
トレーニング終了後は、もはやその辺の空気を全部吸うぐらいの勢いで呼吸困難になり、もはや2度とやりたくないと思います。
オリンピックの金メダルの選手でさえ、このトレーニングを実践し、同様の感想を述べておりました。
もし、全く辛くないなら、全力ですべきところで手を抜いているか(私は妥協しないように、ジャンプスクワットやランジ系は10kgのダンベルを両手に持ってやっています)、行う種目の変更をおススメします。

この「5分で終わるが、恐ろしく辛いトレーニング」を週3回出来たら、間違いなく痩せられます。

ダイエットをお考えの方、最初は週2回の20秒運動20秒休み6セットからスタートしてみてはいかがでしょうか?

ご健闘をお祈りいたします。