ケガでわかる本音

広報企画の磯西です。
北海道も急に暖かくなり、週末は今年最後のBBQを楽しんだ方が多かったのではないでしょうか? 当然私の家もBBQを堪能し、良い休日でした。

さて、タイトル通りケガのお話です・・・。
子供ってケガ多いですよね!先日娘がバレーボールで突き指をしてしまい、2日後少し腫れが広がってきたので病院受診しました。
結果はヒビがはいっておりましたが、変形もなく手術をする可能性が少ないとの事で、固定し骨がくっつくまで経過観察との事。大事に至らなくてよかったです。
しかし診察前に私と娘がケガについて真剣に話をした際、大事に至ってしまう本音がポロリと・・・。

私「ケガしちゃったね、痛い?」 娘「今もジンジンしてる・・・。」 私「折れてないといいね」 娘「うん。。」 私「11月の初めてのピアノ発表会は出れないかもね」 娘「出ないで終わっちゃうね」 私「ん?また次の発表会があるから、その時はがんばろうよ」 娘「今回の発表会が最後・・」 私「ん?初めてでしょ?」 娘「発表会出て最後にしようと思ってた。。」 私「どういう意味?」 娘「ワタシ、ピアノ嫌なの・・・」 私「苦笑・無理してやってたの?」 娘「母ちゃんに辞めたいって言ったら バカヤロー!って言われるから笑」  娘の中では最初で最後の発表会だったようです・・・。

私「ピアノやりたいって思って始めたんじゃないの?」 娘「保育園の時はね・・」 後になぜか壊れたように大爆笑しながら 娘「本当はぁやりたくぅないんだよねぇ~wwwww」 私の心は崩壊である・・・。

次はいつ大爆笑しながら「バレーボールはやりぃたくないんだよぉねぇ~wwwww」と飛び出すか、私の心は既に震度6強で今もジンジンしてる・・・。