『栄養課だより No.77』

皆さんこんにちは、栄養課工藤です。

先日、動物の餌やり体験に散財するのが趣味の友人に誘われ、動物達とのふれあいタイムを満喫してきました。
餌は一貫して人参でしたが、馬用は野菜スティック状、アルパカ・やぎ・羊用は輪切りの極薄スライスでした。
お目当てのアルパカは時期的に毛が刈られた後かもなあ…と思っていましたが、ほとんどまだモフモフ状態でした♡
アルパカはツンデレなところがあり、人参をあげても簡単にはモフモフボディを触らせてくれません。
そして見た目とは違って綿のように柔らかい毛ではなかったです。

馬は近寄ると脚で「ちょーだい(たぶん)」をしてアピールしてきます。
人参を口元に近付けると、歯も舌も当たらないように食べてくれる気遣いにちょっと感動しました。
写真はその口元のどアップです。この日のベストショットです♪
1番触り心地の良い毛は羊の毛でした。カールしていてフワモコ。
撫でさせてもらうと気持ち良さそうな表情を見せてくれました。

とても暑い日だったので小動物達はのびてしまってましたが、平和な時間が流れていてなんだか心が洗われました。
気温がそんなに高くなければ、ウサギも抱っこ出来るようです。

空いてるのでおすすめです!