吾輩は猫である。名前はまだない。

こんにちは。リハビリテーション部言語聴覚士の小林です。

「吾輩は猫である。名前はまだない。」

多くの人が一度は聞いたことがあると思います。これは、夏目漱石の代表作のひとつである『吾輩は猫である』の冒頭の文です。猫の視点からみた人間の日常を書いた長編小説です。では、『吾輩は猫である』のラストはどうでしょうか?皆様は知っていますか?
先日、本屋さんに立ち寄った時に夏目漱石や芥川龍之介らの有名な作品が並んでいるコーナーに目が留まりました。その時たまたま手に取ったのが『吾輩は猫である』でした。冒頭は知っているが内容を知らない。ラストはどうなるのか。気になり読んでみることにしました。
主人公の猫は自身のことを『吾輩』と呼んでいます。人間にとっては名前をつけるまでもない存在ということなのでしょうか。しかし『吾輩』にとっては、自分はむしろ人間より上の立場であり、人間とはつくづく滑稽でおろかな生き物だなあと見下しています。
まだ読んでいる途中ですが、『吾輩は猫である』を読んでみて、日常をいつもと違う視点から観察してみたら、新たな発見があるのかもしれないと思いました。

外出自粛期間が長引いており家で過ごす時間が多い今、皆様はどう過ごされていますか?この時間を、様々な日本の文化に触れてみる時間にするのもいいかもしれません