スズリと典子

初めまして、外来看護師のSです。昨年9月からこちらに勤務を始め半年が経ちました。患者様やご家族様が安全に安心して外来通院を続けられるように、日々研鑚していきます。
 さて、私は今回がブログデビューになりますので、是非とも我が家のペットについて紹介させて頂きたいと思います。我が家には2匹の雌猫がいます。4歳のスズリと1歳の典子。2匹とも保護猫団体の施設で開催していた譲渡会で出会いました。スズリも典子も譲渡会で見た時にはどちらも生後2か月で、にぎやかな会場に緊張しケージを覗き込む人々に対して強い恐怖心を抱いており、トイレの砂の中でうずくまって動けないでいました。そのあまりに切なそうな様子に「私が、この子をしあわせにしなきゃ!」と譲渡の申し込みを決意しました。

大きくなった現在では譲渡会での切なそうな様子は欠片もなく、ストーブの前を占領してくつろぐ顔を見る度に「うちに来てしあわせかい?」と心の中で呟いては、私のほうがたくさんのしあわせをもらっていることを実感する毎日です。
ちなみに、今年の春に小学校を卒業し中学に入学する息子の将来の夢は、保護猫カフェを開くことだそうです。もちろん、定年後の再就職は息子が開店する保護猫カフェを狙っています。