シンガポール旅行

薬局の北條です。
皆さんこんにちは。
シンガポールへ旅行に行ってきました。
シンガポールといえばみなさんは何を思い浮かべるでしょうか?
シンガポールは東南アジアにある多民族国家で赤道から137Km北に位置する島国です。大きさは東京23区と同じくらい。多民族国家というだけあって、マレー系、中国系、インド系、さらに外国人労働者が全人口の3割も住んでいます。シンガポールへは新千歳空港から羽田経由でシンガポールのチャンギ国際空港に行きました。まずは飛行機の中で一杯。シンガポールのビール「タイガー」です。美味しい。

 

私が泊まったホテルはマリーナ・ベイ・サンズ。

    


船が乗ったホテルです。少し傾いているでしょうか?考えないようにしましょう。船の上は「インフィニティ」というプールになっていて絶景を楽しむことができます。インフィニティとは海側のプールの水面を水平線と平行にし、縁から水をそのままながすことで、まるで水平線に溶け込むかのようにデザインされたプールのことをいいます。英語が不得意な私はシンガポールでも苦労します。妻に頼りっぱなしですがこのホテルは日本人スタッフが常駐しているせいか想像以上に日本人が多くてびっくりしました。そして私はテニスの大坂なおみ選手とすれ違ったらしいです。妻が言うには。シンガポールWTAファイナルズという試合があったようですね。全く気が付きませんでした。

マリーナ・ベイ・サンズ屋上プール、インフィニティから撮った写真ですが、たくさんのタンカーが行き来していますね。写真の左側は南シナ海方面、右側がマラッカ海峡方面です。
シンガポールは水上交通の要衝で、シンガポール海峡の西にはマラッカ海峡を越えてインド洋、東には南シナ海が接続しております。日本の輸入原油の8割以上がこのマラッカ・シンガポール海峡を通っています。もしかしたら写真に写っているタンカーに日本籍があるかもしれません。

ホテルから地下鉄を使ってオーチャード通りという日本の銀座のような場所を歩いてみました。写真右側には高島屋が見えますね。人がたくさんいますが街はとても綺麗でゴミも落ちていません。地下鉄も綺麗です。車も高級車だらけで先進国だなと感じさせます。変な人も歩いていないので安全です。さて、みなさんはシンガポールが「明るい北朝鮮」と言われているのをご存知でしょうか。シンガポールは国民一人あたりの所得がアジアで第2位。日本は第4位です。裕福で安全で綺麗な先進国。しかし一党独裁で自由な意見ができません。移民が多い多民族国家をまとめるには自由を制限するのです。例えば、
① モルヒネ・コカイン・ヘロインなど十数グラム持っていただけで即、死刑。
② チューイングガムの持ち込み 1万ドル
③ MRT(電車)内での禁止事項(飲食など) 禁止事項により最高1000ドル
④ 横断歩道・歩道橋を利用せずに、そこから50m以内の場所で道路を横断 50ドル
⑤ ゴミのポイ捨て 初犯は最高1000ドル、再犯は最高2000ドル+清掃作業など
⑥ ツバや痰を吐いた場合 最高1000ドル 等々
そしていたるところにある監視カメラ。車は10年おきに買い替えしなくてはならない。外国人メイドは定期的に妊娠検査をし、妊娠したら即国外追放、と日本では考えられないことばかりですね。しかし安全な移民国家となるには必要なことなのかもしれません。
日本も残念ながらこれから移民?が増えるようです。犯罪が増えるかもしれません。社会保障にフリーライドされるかもしれません。しかしシンガポールのような自由を制限するのもどうかと思うのです。
シンガポールへ旅行として行く分はとても安全で楽しい国です。また行きたいとも思います。しかし住みたいとは思いませんでした。今回のシンガポール旅行は、お腹は壊しましたが、美味しい物を食べ、カジノでお金をスり、ナイトサファリは刺激的で楽しい旅行となりました。皆さんもシンガポールに一度訪れてみてはいかがですか?