第3回 神経難病緩和医療研究会 講演会(3/11)

一般財団法人 北海道神経難病研究センター(事務局:当病院)が主催する第3回 神経難病緩和医療研究会講演会を3月11日(金曜日)18時30分より札幌市医師会館西ホールにて開催いたしました。

今回の講演会は「胃瘻(PEG)の適応をどう考えるか?」をテーマに、神経内科クリニックなんば 難波 玲子 先生による講演と、胃瘻に関する多職種によるディスカッションを行いました。

定員80名がほぼ満員となりました。




[神経難病緩和医療研究会 代表幹事 武井 麻子]

[講師 神経内科クリニックなんば 難波 玲子 先生]

[ディスカッション座長の黒田 清、難波先生、高橋 貴美子先生(札幌中央ファミリークリニック]

[北海道神経難病研究センター代表理事 濱田 晋輔]


image_printこのページを印刷する