同じ病気の患者さんや同姓同名の方の人間違いを防ぐために

  • 検査や処置の際は、患者間違いを防ぐため自ら氏名を名乗って頂く事にご協力ください。点滴ボトルや内服薬などにご自分の名前が書いてあるかどうかも、確認してください。
  • ご家族の方も患者識別リストバンド・点滴ボトルの氏名などをご確認ください。
  • 輸血を受けるときはご自分の血液型・氏名を確認してください。輸血前後の体調不良など、遠慮なく医師や看護師にお申し出ください。

個人の尊厳と危険防止の兼ね合いについて

  • 患者さんの状態によっては、入院中に転倒・転落・徘徊が生じることがあります。ご家族の同意を得たうえで行動制限(抑制・拘束)を実施することもありますが、最小限にとどめています。多少のリスクがあっても、個人の尊厳の方が重要と考えています。
  • 不安な点がありましたら、病棟の看護師にご相談ください。希望によってはご家族に付き添っていただくなどの方法も検討いたします。

院内感染防止について

  • 医療従事者は院内の「感染防止対策マニュアル」に従って医療行為をしておりますが、病院内にはいろいろな病原菌を持った患者さんが入院しているため、院内感染は完全に防げるわけではありません。また、感染症の疑われる 症状がある方は面会をご遠慮願います。
  • 感染予防のために食事前、トイレの後には石鹸を使って手を洗ってください。検査や外出から戻った後などにも、手洗いや手指の消毒を行うことをお勧めします。廊下などに置いてある手指消毒薬をご利用ください。
  • 感染症の流行時期(特にインフルエンザ)には、予防接種やマスクの着用のご協力をお願いしています。
  • 生花は二酸化炭素放出等の影響、アレルギー源、感染源になる恐れがありますので、当院への持込みはご遠慮願います。