患者さんに正しく安全に薬を使って頂けるように

薬剤課では、患者さんに正しく安全に薬を使って頂けるよう調剤業務や薬剤管理指導業務など様々な業務を行っています。

また、日々新しくなる医薬品情報の収集を常に行い、医薬品の適正使用の推進、薬が原因で発生する医療事故の予防に努めています。

調剤業務

入院患者さんに対し、医師より処方された薬について使用量や使用方法に誤りがないか、飲み合わせに問題がないかなどを確認した上で調剤を行っています。当院では、特殊な場合を除いて外来患者さんについては院外処方せんを発行しています。

注射薬調剤業務

調剤業務と同様に使用する薬についての量や使い方、薬の組み合わせに問題がないかなどを確認して患者さん毎に準備して払い出しています。

医薬品管理業務

院内に置かれている薬の保管状況や毒薬や向精神薬などが適切に管理されているなどを確認するほかに医薬品の購入や各部署への薬の払い出しを行っています。

薬剤管理指導業務

入院患者さんのベッドサイドへ訪問し、使用している薬の効果や副作用について、薬の使い方、服用の意味など、薬に関する説明を行っています。また、飲み合わせの悪い薬が出されていないか、患者さんの薬に対するアレルギー歴や副作用歴を確認し、そういった薬が使用されないよう、チェックをしています。薬の説明は医師や看護師からもあるかと思いますが、薬剤師から話すことで、より薬に焦点を当てたお話ができると思っています。

医薬品情報業務

薬が適正に使用されるように日々更新される医療情報を収集、評価して迅速に医師や看護師などの医療スタッフに対して情報提供を行ったり、スタッフからの薬についての疑問への回答などを行っています。

治験薬管理業務

治験とは、厚生労働省から製造販売の承認を得るために人を対象に行う試験のことで、国際的に定められたルール(GCP:医薬品の臨床試験の実施に関する基準)を遵守して行われます。その治験に使用される薬を”治験薬”といいます。

治験薬は治験依頼者(製薬会社)から交付され、薬剤課にて管理を行っています。

治験薬は、他のすでに承認されている医薬品とは区別して保管し、取り扱い手順書に従って払い出しや数量管理をしています。

保険薬局のみなさまへ 〜処方の変更があった場合〜

  1. 当院の院外処方箋に関する疑義照会は直接処方医へお問い合わせ下さい。
  2. 当院の院外処方箋について疑義照会の結果、処方の変更があった場合、処方医が次回の診察時に変更された処方箋を確認するため、お手数ですが変更済処方箋のコピーと変更内容をFAXにてご送信くださいますようお願いいたします。FAX用紙は当該保険薬局のものでかまいません。
  3. 「後発医薬品への変更不可」の医薬品を変更する場合は疑義照会し、もし変更があった場合にはFAXにてご送信ください。
  4. 調剤過誤が発生した場合は、速やかに保険薬局から当院へ電話連絡をお願いいたします。
  5. 厚生労働省の医薬品情報報告書を提出する際は、当院にもご通知ください。
  6. 北祐会ブログ「薬剤課」バックナンバー