患者さんと共に向き合い、運動を通しての良きパートナーとして

 当院の理学療法科は神経難病で様々な運動障害を起こされた方に運動療法を中心とした理学療法を個別で提供しています。

 寝返りや起き上がりなど起居動作の障害、ふらつきや引きずりなどの歩行障害を改善すること、病気の進行に負けないよう予防する事を目標に行っています。入院中のリハビリだけではなく、退院後の生活に役立てられるように自宅で出来る自主トレメニューの作成、月曜から金曜日までの外来リハも行っています。

 退院間近な患者さんには、実際にご自宅にお伺いして、生活環境や動作の確認、福祉用具の導入、手すり設置位置の検討などを患者さん、ご家族と一緒に考えます。全道各地から来られる患者さんに退院後の不安がないように、医師や相談員、看護師とともに、戻られる地域のスタッフの方々と連携をとり、在宅生活をより良く過ごせるように支援しています。

 神経難病について患者さんと共に向き合い、運動を通して、良きパートナーとして協力していきたいと思います。