楽しい活動を通して生き生きとリハビリテーションに取り組んでいただけることが私たちの願いです。

作業療法では日常生活における『不安なこと』や『困っていること』への解決方法を見つけるお手伝いをしています。

1.運動機能が低下した場合は訓練器具を用いて機能の改善を図ります

握力をつけたり細かいものをつかんだりといった運動中心の機能訓練です。

2.日常生活動作が安全に楽にできるように繰り返し練習をします

トイレでのズボンの上げ下げ、ベッドでの着替えや洗面所での歯磨き、食事での箸使いの練習など訓練室だけではなく病棟設備や病室で行います。

退院後家事が必要な場合は調理動作や掃除、洗濯物干しなどできるだけ日常生活に近い場面を設定して繰り返し練習します。
書字やパソコン操作の指導、練習も行っています。
自力では難しい場合でも助けになる福祉用具の紹介や相談を承っています。

3.物作りやレクリェーションを積極的に取り入れています

棒体操やボールを使ったゲームなどで身体を動かして大きな声で笑って元気になっていただけるよう工夫もしています。細かい手仕事が好きな方には工作や縫い物、革細工が人気です。物作りやゲームは話題の「脳トレーニング」「認知症予防」にも効果があると言われています。

楽しい活動を通して生き生きとリハビリテーションに取り組んでいただけることが私たちの願いです。