X線撮影
X線を用いて、胸部、腹部や骨などのX線写真を撮影します。
CT
コンピュータ断層撮影
X線を用いて、画像を撮影します。横断面のみではなく三次元の画像も作ることができますので、骨や臓器などを立体像として観察することも可能です。
頸動脈エコー
超音波で頸動脈の動脈硬化の程度や血流の状態を検査します。超音波で検査しますので、患者さんに苦痛を与えず、何度も繰り返しできる安全な検査です。