磁場を利用して、頭部、頚部、胸部、腰部、脊髄、筋肉などの断面像を撮影します。X線を使用していませんのでX線被爆はありません。

MRI検査時の注意

 
MRI検査とは強力な磁気と電波を利用して体内の様子を調べる検査です。 
MRIは特殊な環境下(強い磁場)で行う検査ですので、注意事項を十分ご確認ください。

受診時にMRI検査をする場合がありますので、事前に下記の点にご注意ください。

(他院でMRI検査をされ、データーをお持ちの方でも状況によりMRI検査をする場合があります。)
MRI検査をより安全に受けていただくために事前に問診票を用いて確認します。

以下の方は検査を受けることができません

  • 心臓ペースメーカーを使用している方
  • 人工内耳を埋め込まれている方
  • 義眼を装着されている方

検査を受けることができない場合があります

  • 脳動脈瘤の手術を受けている方で金属性クリップが入っている場合
  • 金属製の心臓人工弁入れている、または血管へのステント挿入手術を受けられた方
  • その他、体内に金属が入っている方
  • 磁石式義歯の方
  • 妊娠またはその可能性のある方
  • 閉所恐怖症の方
  • 入れ墨をされている方

注意事項

  • ヒートテックといわれるような下着は熱を持って危険なため、綿の下着を着用して下さい。
  • コンタクトレンズをしている方は、装着しての検査はできませんので、眼鏡、または取り外しができるよう容器類の準備をお願いします。
  • マニュキアまたはつけ爪の方は、ストーンやラメは避けていただくか、受診に合わせて外して来てください。
  • お化粧されている方でラメ入りアイシャドーなどは避けてください。
    またアイラインなども場合によっては落としていただきます。
  • 湿布、貼り薬は、検査時に外していただきます。当日、貼らないで持参していただくか、治療に影響のある方は、予備の貼り薬をご持参ください。

検査室に持ち込めないもの

時計、鍵、携帯電話、財布、メガネ、ライター、アクセサリー類(ヘアピンピアス、イアリング、ネックレス、指輪、かつら等)小型金属類(ペン、ポケットナイフ、安全ピン、クリップ、はさみ等)磁気カード(定期券、クレジットカード、銀行カード等)エレキバン、カイロ、ブラジャー、ホック、ファスナーなどついた衣類、補聴器

※不明な点がありましたら当日看護師にご確認ください