役職

 副院長
 北海道神経難病研究センター 神経難病緩和医療研究会 代表幹事

専門分野

 神経内科全般、特に脊髄小脳変性症(多系統萎縮症や痙性対麻痺を含みむ)、パーキンソン症候群などの変性疾患を中心に拝見しています。
 脊髄小脳変性症に伴う失調症状や高次脳機能障害の薬物治療のほか、痙性斜頸(首が傾く症状)や四肢痙縮(つっぱり)に対するボトックス注射も施行しております。
 また神経難病緩和医療研究会を定期的に開催しております。

資格認定

 日本神経学会専門医・指導医
 日本神経治療学会評議員
 日本内科学会認定内科医

趣味・特技

 朝鮮語を少し話せます。

モットー

 お一人お一人の症状に合わせた治療法を模索する事につとめたいと思います。