おいしく楽しんでいただけるように

栄養課は診療部に属し、スタッフは管理栄養士1名、栄養士1名、調理師4名、調理補助5名の合計11名(委託職員含む)です。

「栄養を摂ること」は神経難病の療養上、睡眠や排泄とともに重要な課題です。
患者さんひとりひとりにあった栄養量で、おいしく楽しんでいただける食事の提供を心がけています。

食事提供

保温温保冷配線車を使用し、適温の食事を提供します。

一部の治療食をのぞき、週5日間の選択メニューを実施しています。

主食・副食の形態をはじめ、アレルギー、嗜好などの個人対応を可能なかぎり行っています。担当看護師、管理栄養士にご相談ください。

栄養管理

患者さん栄養に関する問題は、栄養管理計画のもと、さまざまな職種のスタッフとともに、解決していきます。
専門病院ならではの豊富な経験と知識が持ち寄られ、活かされています。

栄養指導・相談

医師から指示された栄養指導箋に基づき、管理栄養士が個人指導を行います。
そのほか、退院後の食事に対する不安や、入院中の食事内容についてなど、あらゆるご相談に応じています。
北祐会ブログ「栄養課」バックナンバー