10年後の仕事図鑑

 こんにちは、検査課日向寺です。暑い日が続いていますね。病院内もかなりの室温になっていますが、我が検査課は機械に合わせた室温を保たなければいけないので常に涼しいです(皆さんごめんなさい)。なので暑い日は検査課に遊びに来てください。アクの強い技師たちがお待ちしております(笑)

 さて話は変わりますが、私は隙間時間に本を読むのが好きです。最近購入した本が面白かったのでご紹介いたします。

「10年後の仕事図鑑」           
       著 落合 陽一,堀江貴文

“ホリエモン”の愛称で様々なことをしている平成の異端児とメディアアーティストの落合さんが今後AIが発展していくと人の仕事はどのように変わっていくかを独自の視点で書いた本です。
本が売れない時代に発売3カ月で20万部を突破しいているらしく、流行に乗っかりたいので買ってみました。

AIが働いてくれるようになったらどんな未来が待っているかを職種別に書いてあって面白かったです。これを読むとユーチューバーが職業として脚光を浴びたのが理解できました。

働き方改革だったり、残業時間ゼロ運動だったり、女性の社会進出推進しようと言葉では簡単に言えるけど、具体的に何をどうしたらうまくいくかなんて誰だってわからない。
でも行動に移さなきゃ変われない。これからの時代は多様性の時代。副業もOKな時代になってくる。寿司職人をしながら学校の先生をしていますという人が現れるかもしれない。
 何が起こるかわからない時代だからこそ、色々な可能性が見つけられる本だと思いました。

 昔通っていた病院に薬剤師兼、受付兼、掃除のおばちゃんという人がいました。多様性のパイオニアだったのかもしれない。