『栄養課だより No19』

こんにちは、栄養課の工藤です。
気温の高い日が続くと、どうしても冷たい飲み物に手が伸びてしまいます。

最近コールドブリューコーヒーという名前をよく耳にしませんか?

コールドブリューコーヒーとは「水出しコーヒー」という意味で、ダッチコーヒーと呼ばれることもあります。
水出し用の商品も売られていますが、ご自宅でも簡単に作れるんです。

お茶やだしを入れるパックに挽いたコーヒー豆を入れて、水を入れた麦茶ポットに投入して冷蔵庫へ。
これだけです!
寝る前に作れば、朝起きたらスッキリとした味わいのコーヒーが出来上がっていますよ。

普通のお湯で淹れるコーヒーとは抽出される成分も違うので、また違った味を楽しめます。
コーヒーにこだわりのある方は好みの豆で作ってみるのもオススメです。
ただ、冷たいと酸味が出やすいので「深煎り」の豆を選んで下さいね。

皆さんもご自宅で「コールドブリューコーヒー」を作ってカフェ気分を楽しんでみてはいかがですか?