『栄養課だより No.17』

こんにちは、栄養課の石井です。

前回のブログのなかで「姫路の不思議な食べ物」として、
ご紹介したかったの食べ物、その名は「そば焼」!

最初にメニューを見たときに思い浮かんだのは、
「そば粉をこねて焼いたもの」または
「普通のおそば(日本そば)の焼きそば風」だったのですが
出てきたものは、なんと・・・

見慣れている「ソース焼きそば」ではないですか!

しかも「そば焼定食」というメニューは、
「そば焼+ごはん+ポテトサラダ+お味噌汁にお漬物」
なんという炭水化物with炭水化物!塩分超過!
栄養指導を受けるとにチェックされてしまうようなメニューですね。
カウンターでは妙齢の女性がパクパクと、おいしそうに食べています。

札幌に帰ってから調べたところ、
「兵庫県神戸市周辺では、 中華料理の炒麺(チャーメン)と区別するために、
このように呼ぶことがある」
とウィキペディアが教えてくれました。
姫路は兵庫県ですものね。

まぁ、不思議というより、びっくりした食べ物といったところでしょうか。
そしてその味は札幌人には超おなじみの、
〇月の焼そばのソースにとても似ていたので