『金メダル』

検査課 日向寺です。2月に入ってもまだまだ寒い日が続いています。ブログを書いている日も前日の積雪で早朝から雪かき。春が待ち遠しい今日この頃です。

先日、子供達の通っている空手道場で道場内の大会がありました。そこで娘と息子がダブル優勝をしてくれました。大きな規模の大会ではなかなか成績の振るわなかった2人もちょっとだけ自信が付いたかな。

今、平昌で開催されているオリンピックも日本勢がたくさんのメダルを獲得しています。最近のスポーツは科学の技術を融合させて、個人やチームに合ったトレーニングを行うのが主流になっています。
メダリストの自身の試合の出来栄えを聞いても科学的な要素が含まれていてすごいなぁと感心します。自分達の試合を分析し、修正してまた試合に挑む。スポーツの習い事をしてこなかった私には理科の実験や大学の研究によく似ていると思っちゃいます。

子供たちが空手を習い始めて丸3年が経ちます。日々の送迎や土日祝の大会や遠征、親はすべてをサポートします。
しかし親も人間です。自分の時間を削って子供のサポートをしてバカらしい思うときは多々あります。私の場合はほぼ毎日(笑)

でも、結果が出ると苦労が吹き飛んでしまいます。
「ありがとう、母ちゃんもまた頑張るよ。」
この時だけは素直に喜べるのです。