出身地の話2 千葉編

理学療法士の木村です。いつもお世話になっております。
寒い毎日ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

 初めての投稿になります。大きな体ですが、小さいハートなので(笑)、
ドキドキしています(笑)が、どうぞ宜しくお願い致します。

 前回の、高藤さんの素晴らしい出身地の話を受けて、私も大好きな故郷の、千
葉県の話を書こうと思います。

 若い皆さんには、千葉県というと、ディズニーランドや成田空港のイメージが
大きいかも知れませんね。
 千葉県は、東京の通勤圏内の為、沢山の住宅やマンションが立ち並ぶ一方で、
少し車を走らせると、佐倉の城下町や、館山や鴨川の大自然や、野田・銚子の醤
油等、地元の産業も活発な面もあります。
 私は、千葉県に、「適度に都会で、適度に田舎」(笑)なイメージを持ってい
ます。
 北海道に来て、もう17年になりますが、良い意味で、どこか似ているから、こ
んなに心地良く、長く住んでいるのかも知れないと思っています。

 この時期、北海道は、雪に囲まれていますが、千葉県は、もう春を感じる季節
です。房総では、菜の花が咲いたり、苺が収穫されています。

 先日、父が、実家の近所の公園の、紅梅の写真を送ってくれました。
 私の好きな言葉の一つに、「桜梅桃李」(おうばいとうり)という言葉があり
ます。それぞれの花は、咲く時期は違っても、自ら一番美しく咲く時期を見極め
て、花を開くという意味だそうです。個性を大切にすることを、教えて頂いてい
るような気がします。
 私は、冬生まれなので、寒さに耐えて、素晴らしい花を咲かせる梅に、自分を
重ねることが多くあります。梅の様に、凛とした生き方をしたいものです。

 北海道は、5月初めに、梅と桜が、ほとんど同時に仲良く咲きます。本当に見
事な風景です。エゾヤマサクラやチシマサクラなど、北海道特有の桜も、とても
楽しみです。

 春の訪れを楽しみにしながら、第二の故郷の、素敵な北海道の冬も、もう少し
楽しもうと思います。

                     リハビリテーション部 理学療法士
                                木村 直子