『着物』

寒い季節となりました。
着付けを習って数年ですが、この時期から
成人式の着付けの練習が始まります。 幼い時から着物が好きで、お祭りに着物の母にねだって一日泣いていたことを思い出します。祖母が着物の手入れをするのを見るのが好きで、洗い張りしている様子は映画のワンシーンのように今でも思い出されます。

着物は伝統文化ですが、高価なもので、手入れ、管理も大変です。着物の保存には桐の箪笥が必要となりますが、用意するには環境的にも難しい状況です。徐々に着物離れしているように思われます。
娘たちにも着てもらいたいのですが、全く興味がないようです。一昨年のビヤガーデンに婿さんの浴衣も用意し、家族全員、浴衣姿で楽しみました。(義理の母に無理やり着せられてかわいそう・・・)
着付けにはまだまだ練習が必要ですが、季節の行事には着物を着せて上げたいと思います。

                               外来 E.S