『ライザッ部』

みなさん、こんにちは。診療部検査課の白濱です。

先日はダイエットの結果について書きましたが、痩せるのと並行して、私は「キン肉マン」となるために筋トレしなければなりません。

当院の患者さんは体が不自由な方が多く、検査の際に、車いすからベッドや別の椅子に移ったりするのが大変なことがあります。
X線検査やCT検査の移乗の際は、リハビリスタッフが主催して下さる「トランス方法」の研修会を生かしていますが、MRI検査の際は、そうはいかない場合があります。

介助して車いすから立ち上がり、上手く向きを変えたとしても、MRIの寝台が患者さんの腰の高さ以上であるため、そのまま座れません。そのために台がありますが、足が上がらず台に乗れないときは、そう、持ち上げるしかありません。(あらかじめ、難しいことが分かっていればストレッチャーで移乗しますが)

持ち上げるにはパワーが必要です。

そういった理由で筋トレが必要ですが、筋トレは孤独な作業で辛いので、病院内で、筋トレやダイエットを目的とした体づくりサークル「ライザッ部」なんかあったりするといいなあと思います。