最近の初体験

看護部の佐藤です。
先日あった本当の話!! 私のお初体験です。
地下鉄通勤をしている私ですが、帰路で地下鉄を乗り換えた時に、ちょっとしたタイミングで席に着けませんでした。そんな思いでいた為か、目の前に座っている20歳前後の青年と視線が合い、その青年は、私の視線が怖かったのか、そうとう私が疲れてみえたのか、実年齢より老けて見えたのか、ササッと席を譲ってくれました。私の心の中「(えっ!!そ、そんな私に席を譲ってくれた!!)」手を振り後ずさりしましたが、その青年はその場からいなくなり、私はその席に座らせていただきました。

まるで、初めて白髪を見つけた時と同じ気持ちになりました。人生の諸先輩たちからみたら、「まだまだ若いでしょっ」と言われそうですが、幾つになっても新しい体験ってあるのですね。
因みに、私の見た目が分からない方は、当院ホームページ→各部署挨拶→看護部を覗いてみてください。あの写真は風邪気味で鼻の下が赤いですけど・・・。